アステル法律事務所の交通事故問題解決に強い弁護士があなたの強い味方になります【相談料・着手金無料】

アステル法律事務所 熊本交通事故被害者救済サポート

新規交通事故相談ご予約専用ダイヤル
0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

相談ご予約フォーム

ご相談がスムーズに!相談票ダウンロード

コラム/高次脳機能障害の主な症状

2018/02/05

shimoyama

Auther :下山 和也

高次脳機能障害の主な症状

交通事故で頭部外傷を負われた被害者が,治療を経ても以下のような症状がある場合は,高次脳機能障害の可能性があります。

1 記憶障害
記憶障害とは,事故前のことを思い出せなかったり,事故後の新しい出来事を覚えることが困難になることをいいます。
例えば,新しいことを覚えられない,何度も同じ質問をする,何かしているときに声をかえるとそれまでしていたことを忘れてしまうことなどがあげられます。

2 注意障害
注意障害とは,集中力が欠如したり,重要なものに意識を集中できなくなる状態をいいます。
例えば,気が散りやすかったり,一度に二つ以上のことができない場合などです。

3 遂行機能障害
遂行機能障害とは,論理的・計画的に行動をすることができないことをいいます。
例えば,行動を計画的に実行できなかったり,物事の優先順位をつけることができない場合などです。

4 行動障害
行動障害とは,行動・感情を周囲の状況に合わせてコントロールすることができない状態をいいます。
例えば,ルールを守れない,場違いな発言・行動をしてしまう(雰囲気が読めない),話が長く要領を得ない場合などです。

5 人格変化
人格変化とは,事故前と比べてその性格などが変化している状態をいいます。
怒りやすくなったり,自己中心的になったり,幼稚になったり,こだわりが強くなったりなど,事故前の性格・性質と変化している場合です。

症状は,他にも様々な事柄があげられています。入院中の被害者の言動であったり,退院後の生活の中で,事故前にはみられなかった変化に気づかれたら,高次脳機能障害を疑われて,専門医に相談されるようお願いします。

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

まずはアステルへ無料相談

相談料金0着手金0

交通事故被害者様にとって、最もご負担の少ない成功報酬制(後払い)を導入しています。

賠償金が獲得されるまで弁護士費用はかかりません。