アステル法律事務所の交通事故問題解決に強い弁護士があなたの強い味方になります【相談料・着手金無料】

新規交通事故相談ご予約専用ダイヤル
0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

熊本の弁護士法人アステル法律事務所|相談ご予約フォーム

ご相談がスムーズに!相談票ダウンロード

解決事例一覧

弁護士基準の算定で賠償額が約80万円アップ

基本情報

性別・年齢 男性・30代
職  業 会社員
受傷部位 頚椎
事故態様 車VS車

80万円
増額!!

240万円

320万円

この解決事例のポイント
Points of resolution cases
  • 信号待ち停車中に後方から追突された事故。
  • 後遺障害14級認定。
  • 相手方保険会社からの賠償額の提示後に当事務所へご依頼。
  • 弁護士基準での算定で交渉し、賠償額が相手方提示より約80万円アップ。

解決弁護士からのコメント

弁護士岡井 将洋

本件は、保険会社の賠償提案と、裁判所基準の損害算定額の差が顕著に出た事案です。

自賠責で後遺障害14級の認定を受けられていましたが、相手方保険会社から提案のあった後遺障害に関する賠償(逸失利益及び後遺障害慰謝料)は、自賠責保険から支給される金額と同額でした。

自賠責保険において後遺障害14級と認定された場合、逸失利益及び後遺障害慰謝料あわせて75万円の支給しかありません。しかし、裁判所基準での損害算定においては、14級の後遺障害慰謝料だけでも110万円が基準となります。また、逸失利益は被害者の基礎収入を前提に労働能力喪失率及び期間を乗じて算定することになります。

特に後遺障害認定が出ているような場合は、適正な賠償額が相手から提案されているか、弁護士に相談し、確認していただくことをお勧めします。

 

なお、本件は、弁護士費用特約のない依頼者様からのご依頼でしたが、障害認定前から数回ご相談をいただき、フォローした事案です。等級認定後に賠償金上乗せ想定額を計算し、弁護士報酬を考慮しても、提案金額が十分でないと確認してご依頼を受けました。弁護士法人アステル法律事務所では、弁護士費用特約が無い方の場合、着手金を無料とし、相手方からの賠償金から弁護士報酬を清算できます。交通事故に関する相談は初回無料で行っておりますので、弁護士に依頼する場合のお見積もりなども含めて一度、相手からの賠償金が適正かどうかご相談ください。→ご相談はこちら

まずはアステルへ無料相談

相談料金0着手金0

交通事故被害者様にとって、最もご負担の少ない成功報酬制(後払い)を導入しています。

賠償金が獲得されるまで弁護士費用はかかりません。