アステル法律事務所の交通事故問題解決に強い弁護士があなたの強い味方になります【相談料・着手金無料】

アステル法律事務所 熊本交通事故被害者救済サポート

新規交通事故相談ご予約専用ダイヤル
0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

相談ご予約フォーム

ご相談がスムーズに!相談票ダウンロード

解決事例一覧

後遺障害等級14級認定による示談

基本情報

性別・年齢 女性・70代
職  業 主婦
受傷部位 頚部・腰部等
事故態様 車VS車
この解決事例のポイント
Points of resolution cases
  • ご依頼後、治療期間を延長
  • 事前認定にて、後遺障害等級14級が認定
  • 慰謝料については当方提示額(裁判基準算定)の約9割で示談
  • 主婦休損の主張により、高額な休業損害及び逸失利益が認定

解決弁護士からのコメント

弁護士金子 善幸

兼業主婦の方は、パートタイマーとして勤務されている方が多く、事故により休業した分の給料相当額のみを単純に請求すると、低額の賠償になってしまうことが多いです。
しかし、家事に従事されている方の場合、事故を理由とする家事制限につき、主婦としての休業損害を請求できます。この場合、ある程度高額の休業損害に加え、後遺障害等級が認定されれば、必然的に逸失利益にも反映されます。
本件においても、依頼者が兼業主婦であり、家事制限が生じている旨を適切に主張し、高額の賠償(計400万円)を獲得できました。

まずはアステルへ無料相談

相談料金0着手金0

交通事故被害者様にとって、最もご負担の少ない成功報酬制(後払い)を導入しています。

賠償金が獲得されるまで弁護士費用はかかりません。