アステル法律事務所の交通事故問題解決に強い弁護士があなたの強い味方になります【相談料・着手金無料】

アステル法律事務所 交通事故特設サイト

新規交通事故相談ご予約専用ダイヤル
0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

相談ご予約フォーム

ご相談がスムーズに!相談票ダウンロード

解決事例一覧

就職遅れを主張して交渉した事例

基本情報

性別・年齢 女性・10代
職  業 学生
受傷部位 腰椎
事故態様 車VSバイク
この解決事例のポイント
Points of resolution cases
  • 依頼人は当時学生であり、事故により通学が出来ず(入院約3ヶ月)、1年留年せざるを得なくなった。
  • 当該学校の就職率からすれば、1年の就職遅れにつき因果関係があると主張し、金額交渉を行った。
  • 保険会社の担当者と面談を行い、詳しく説明を行った。

解決弁護士からのコメント

弁護士岡井 将洋

学生の休業損害については、バイト等で就労を行っている場合の休業損害は一般的ですが、事故によって卒業できず内定先に就職できなかったような場合には、就職遅れによる損害が認められる可能性があります。就職遅れが、「事故によって」と言えるかどうかがポイントとなるので、具体的な事情を根拠に詳しく説明できることが必要です。
なお、本件では相手方担当者が柔軟な姿勢を持っていたため、面談を行って当方の主張を詳しく説明することができました。

まずはアステルへ無料相談

相談料金0着手金0

交通事故被害者様にとって、最もご負担の少ない成功報酬制(後払い)を導入しています。

賠償金が獲得されるまで弁護士費用はかかりません。